八垂別説教所過去帳

藻岩山の南山麓から、豊平川にかけてのこの一帯を、昔は「八垂別」といいました。アイヌ語でハツタラベツといい、「恵みの渕」という意味です。説教所がいつ開かれたのか正確なところはわかりませんが、現存する過去帳の最初の記載は明治36年となっています。
明治34年(1902) 福嶋藤栄師、富山県氷見の乗福寺より渡道、札幌別院へ
明治35年(1903) 福嶋藤栄師、八垂別説教所に派遣される。
明治36年(1904) 八垂別説教所、布教を開始する。
明治37年(1905) 北海道庁より「八垂別説教所」正式に設置許可を受ける。
明治38年(1906) 福嶋藤栄師、愛別説教所へ転任となる。
札幌別院より藤原道元師着任する。
大正7年(1918) 福井県若狭の宝重寺住職、土阪恩流師、八垂別説教所に着任する。
大正8年(1919) 門信徒の希望もあり、北海道庁に「寺号公称」を出願する。

大正8年に北海道庁に「寺号公称」を出願した後、大正10年「宝流寺」の寺号公称が認可され、翌11年に柴田最伝が初代住職に就任しました。関東大震災の影響で資材や大工・職人が思うように集まらない等、数々の苦難を乗り越え、門信徒の努力により大正15年には、本堂が建立されました。
大正10年(1921) 「宝流寺」寺号公称認可となる。
大正11年(1922) 柴田最伝、初代住職となる。宝流寺本堂建立決まる。
大正15年(1926) 「宝流寺」本堂建立される。
昭和7年(1932) 柴田(友山)薫松・ヤスイ、入寺する。
昭和8年(1933) 柴田最伝入寂(68歳)する。柴田薫松、二代目住職となる。
昭和11年(1936) 太子堂建立される。
昭和20年(1945) 宝流寺仏教婦人会の活動はじまる。
昭和23年(1948) 柴田薫松入寂(50歳)する。藤井知眼、代務住職として着任する。
昭和25年(1950) 宝性地蔵尊を建立する。
昭和33年(1958) 柴田薫心、龍谷大学を卒業し帰郷。三代目住職となる。
昭和39年(1964) 宗教法人「もなみ幼稚園」を開園する。
昭和45年(1970) 学校法人「宝流学園」認可となる。
昭和47年(1972) 本堂・納骨堂・庫裡を新築する
昭和54年(1979) 「第2もなみ幼稚園」開園する。
柴田薫心、札幌市議会議員となる。
昭和57年(1982) 「南の沢幼稚園」開園する。
昭和62年(1987) 納骨堂3階建新築落成する。
平成元年(1989) 柴田ヤスイ入寂(89歳)する。
平成4年(1992) 第9回世界仏教婦人会カナダ大会に参加する。
平成7年(1995) 柴田薫心、札幌市議会議長に就任する。
平成12年(2000) 柴田薫心、藍綬褒章を受章する。
本堂・ホール・囲障門改築落成する。
平成13年(2001) 「宝流寺」開教百年記念事業厳修。
柴田範尚、第4世住職就任する。
平成17年(2005)

学校法人 宝流学園 園舎新築
幼保一元化を目指し、「もなみ幼稚園」同園舎にて
認可保育園「ルンビニー保育園」開園。