明治31年(1898)富山県真通寺の四男として生まれ、京都の平安中学(現在の平安高校)を卒業し、八尾尋常小学校の代用教員となりました。大正15年には数学の正教員となり、青年訓練所の体育の指導にもあたっていました。父友山唯薫師は、真通寺を次男に譲り、北海道布教のため渡道して寿都に願乗寺を建立し初代住職になっていました。昭和5年薫松は渡道し、黒松内説教所の駐在員となり、ヤスイと結婚をしました。昭和7年、宝流寺初代住職柴田最伝の跡継ぎ養子として入寺し、柴田薫松として決意新たに再出発しました。
ところが翌年の昭和8年、義父最伝は突然病に伏し、数ヵ月後に帰らぬ人となってしまいました。宝流寺のことも、地元のことも何もわからず、結局手さぐりで活動を行い、総代や檀家の手助けを受けながら布教を続けました。
昭和11年には、世界情勢も悪化した時代に日本国民として聖徳太子の精神に立ち帰ろうという主旨で「太子堂」を建立しました。
地域奉仕にも積極的に参加し、昭和14年に方面委員(現在の民生児童委員)を北海道庁より任命され、昭和16年に札幌市藻岩少年団の副団長、八垂別消防団の副団長に任命されました。
太平洋戦争中は、八垂別からも多くの若者が次々に出征していきました。薫松はそのたびに深い悲しみをもって送り出したといわれています。終戦でようやく平和な時代を迎えましたが、昭和23年、病に伏しまだ50歳という若さで入寂してしまいました。後には妻と二人の子供が残されました。